どうする家康:東京03角田が松平昌久役 我こそが松平宗家? 家康に「勝ちにいきます!」

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で松平昌久を演じる「東京03」の角田晃広さん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で松平昌久を演じる「東京03」の角田晃広さん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」に、お笑いトリオ「東京03」の角田晃広さんが松平昌久役で出演することが7月13日、明らかになった。角田さんは、「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年)に続く、2作目の大河ドラマ出演。

 松平昌久は松平氏の一つである大草松平家の当主。松平元康(のちの家康)が当主を務める松平宗家の地位をしたたかに狙う野心家。岡崎城に戻った元康に服従しつつも、今川家や三河の国衆たちと結びつき、転覆させる機会をうかがう。キャッチコピーは「家康覚悟! 我こそが松平宗家」。

 角田さんは「戦国時代、武将たるもの野心があって当然です。そっちから見れば裏切りと見えることでも、こっちからすれば最初からだましていただけのこと。この松平昌久という男も己の野心に真っすぐな武将だったのでは。そんな野心家の武将を演じさせていただけてうれしいです。あの家康と早めに相対することができるのですから。早々に挑ませていただきます! 勝ちにいきます!」と力を込めた。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事