鎌倉殿の13人:中村獅童“景時”の退場惜しむ声が続々 最期は描かれず? 「紀行死」と話題に

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第28回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第28回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第28回「名刀の主」が7月24日に放送され、梶原景時(中村獅童さん)が、他の御家人たちの反感を買い、宿老としての地位を追われ、鎌倉を去る様子が描かれた。

 同回では、鎌倉のあちこちに間者を潜り込ませ、情報を収集していた景時に対して、反感を覚える御家人たちが増加。三浦義村(山本耕史さん)らが中心となり、人数を集めて、景時への処分を求める訴状を頼家(金子大地さん)へと渡そうとするが……と展開した。

 訴状を受け取った頼家は、父・頼朝(大泉洋さん)がかつて御家人たちをまとめるため、上総広常(上総介、佐藤浩市さん)一人に罪を背負わせことを例に、景時に謹慎を申しつける。景時はやがて、京の後鳥羽上皇(尾上松也さん)からの誘いを受け、鎌倉を去ることを決心。その話は頼家の耳にも入り、今度は流罪となるが、ここで景時は、比企能員(佐藤二朗さん)の娘・せつ(山谷花純さん)が産んだ頼家の長男・一幡を人質に、京へと向かおうとする。

 異変を知って、急行した義時(小栗さん)は、上皇からの手紙の件を頼家に流したのは自分であると認めた上で、「(京へ)行けば鎌倉殿(頼家)は決してあなた(景時)を許さない。必ず討ち取ろうとされる。それは、朝廷との争いの火種となる。鎌倉を守るのが私の役目」と真意を伝える。

 景時は手紙を「ひけらかした」ことを後悔しつつ、「刀は、斬り手によって名刀にもなまくらにもなる。なまくらで終わりたくはなかった」と少しだけ本心を吐露。善児(梶原善さん)を“置き土産”にし、鎌倉を去って行くが、義時は景時の後ろ姿を見送った後、すぐに頼時(坂口健太郎さん)に命じる。

 「すぐに兵を整えよ。梶原殿は必ず西(京)へと向かわれる。東海道で討ち取る。梶原殿は華々しく死ぬつもりだ。武士らしくな」と。そして、義時は大きくため息をつき……。

 SNSでは「中村獅童さんお疲れ様でした! 『いだてん』の面白お兄ちゃんも良かったけど、景時もかっこよかった」「なんだろう、景時の退場、本人以上にわしが悔しいと思った」「ここで退場は余りにも惜しい梶原景時。頼家がもう少し景時の価値を理解していれば」「『いだてん』の実次も良かったが、中村獅童景時のすごみも実に実にすごかった。これにて退場は惜しまれるなあ」といった声が続々と上がった。

 同回では、明確な最期が劇中で描かれず、本編後の「紀行」で解説し、補完。「まさかの景時さんこれで退場!? うそでしょう…」「梶原景時の最期、ナレ死どころかまさかの紀行死だと…」「紀行で語られる、景時の最期…『紀行死』の概念がここに誕生したか」「ナレ死でもなく、紀行死…義経と同じくラストは笑顔だった景時」といった感想も次々と書き込まれた。

テレビ 最新記事