大原優乃:ぽっちゃり女子役で特殊メーク&ファットスーツの苦労吐露 準備4時間に「すごくハード」

「Paravi」オリジナルドラマ「-50kgのシンデレラ」の舞台あいさつに登場した大原優乃さん
1 / 10
「Paravi」オリジナルドラマ「-50kgのシンデレラ」の舞台あいさつに登場した大原優乃さん

 女優の大原優乃さんが8月10日、東京都内で行われた、動画配信サービス「Paravi」のオリジナルドラマ「-50kgのシンデレラ」の舞台あいさつに登場。俳優の犬飼貴丈さんとダブル主演を務める同作で、あこがれの男性に近づくために50キロ減量するぽっちゃり女子・佐伯陽芽を演じた大原さんは、撮影には特殊メークやファットスーツを着用してのぞんでおり、「すごく重かったです」と苦笑い。「体力的にはすごくハードでしたね。(準備は)完成するまで4時間、落とすのに30分。5日間、やらせていただきました」と苦労を振り返っていた。
 
 大原さんは、陽芽役について「太っているのが悪いとか、やせているのが可愛いとか、そういうことをお伝えしたかったわけではなかった。最終話まで演じるうえで“変わらない”ことを意識して、陽芽ちゃんのポジティブさ、力強さを大事に、演じさせていただきました」と思いを吐露。また、特殊メークやファットスーツで作ったビジュアルについても「作品に入る前までに何度も、この“ぽちゃ子”の衣装合わせをたくさんしていただいて……。いざ、すべてを身にまとうと、いろんな不安がいらないぐらい役に入り込むことができた。スタッフのみなさんに感謝だなと思います」とよい影響があったことを明かしていた。

 一緒に舞台あいさつに出席した犬飼さんは、そんな大原さんとのエピソードを聞かれると「このスーツを着ている大原さんは動きづらそうで大変だったんですけど、脱いだ瞬間に、姿が見えないぐらい高速で動いていて……マンガのキャラクターみたいに。重りを全部外したから、スピードが異常で。すごかったです」と冗談めかして回想。それを受け、大原さんが「休憩時間があると、脱がしてもらって、扇風機に走っていっていました」と笑いながら補足すると、さらに犬飼さんは「見えないんですよ」と強調し、笑いを誘っていた。舞台あいさつには谷まりあさん、綱啓永さん、南りほさんも出席した。

 ドラマは、累計140万部を突破した同名マンガ(スターツ出版)が原作。一目ぼれした彼に近づきたくて50キロ減量したぽっちゃり女子・佐伯陽芽(大原さん)と、イケメン御曹司・富士崎宰(犬飼さん)のオフィスラブストーリーが描かれる。全8話で動画配信サービス「Paravi」で8月12日から独占配信される。第1話(無料)、第2話は8月12日午後7時に配信。第3話以降は、19日から毎週金曜午後7時に順次配信される。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事