六本木クラス:第7話 “新”竹内涼真、妨害工作に「奇策」で対抗 “茂”香川照之は“葵”平手友梨奈を引き抜き?

連続ドラマ「六本木クラス」第7話の一場面(C)Kwang jin /tv asahi
1 / 3
連続ドラマ「六本木クラス」第7話の一場面(C)Kwang jin /tv asahi

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7話が8月18日に放送される。

 長屋ホールディングス会長・茂(香川照之さん)が「二代目みやべ」の入っているビルを買い、新(竹内さん)らは立ち退きに追い込まれる。

 龍二(鈴鹿央士さん)は父茂に手を引くよう取り引きするために店を辞めると言い出す。その案に手放しで喜ぶ葵(平手友梨奈さん)。新は激怒し、マネジャー失格を言い渡す。納得のいかない葵に、代替案があるのか詰め寄られた新は、ある奇策を思い付く。

 心機一転、新しい場所での「二代目みやべ」再オープンに向けて一同が準備をしていると、店の前を通りかかった一人の女性・田辺弘子(倍賞美津子さん)から、その場所に店を出すと「1年以内に必ず潰れる」と縁起でもないことを言われ、一同不安がよぎる。

 一方、めげない新の行動を知った茂は怒る。

 そんな中、葵は皆に開店準備を任せ、「ちょっと寄る所が」と言って、長屋ホールディングスのセミナーに向かう。終了後、葵は茂に呼ばれて……。

 予告では、茂が葵に「長屋に来てもらえませんか?」と誘う様子と共に、「葵が、寝返る!?」との文字が映し出されている。

 原作は、大ヒット韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」の原作(マンガ)を日本の設定に置き換え翻案したチョ・グァンジンさんのマンガ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」。ドラマは全13話。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事