純愛ディソナンス:第6話 全ての選択は悲劇? “正樹”中島裕翔、“冴”吉川愛に「会うのはもうやめよう」

連続ドラマ「純愛ディソナンス」第6話の一場面(C)フジテレビ
1 / 6
連続ドラマ「純愛ディソナンス」第6話の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さん主演の連続ドラマ「純愛ディソナンス」(フジテレビ系、木曜午後10時)第6話が8月18日に放送される。予告映像には「全ての選択は悲劇」の文字があり、新田正樹(中島さん)が和泉冴(吉川愛さん)に「こうやって会うのはもうやめよう」と話す場面が収められている。

 5年前、正樹と冴の盗撮写真をネットに拡散したのは、今の正樹の妻愛菜美(比嘉愛未さん)だった。冴は、愛菜美が優しくしてくれたのは自分をコントロールするためだったと知って怒る。

 正樹は路加雄介(佐藤隆太さん)とのコラボ企画「セカプリゾート」の記者発表を準備していた。路加は発表と同時にユーザーがサービスを利用できるよう、リゾート施設大改修を早めてほしいと正樹に依頼。正樹はそれに応えようと動く。

 冴が出社すると、なぜか母親の静(富田靖子さん)が社員たちに菓子を配り回っていた。冴は静を追い出そうとするが、静はお構いなし。まだ正樹に会っている冴が心配だったと言う。

 正樹と会う約束を取り付けた冴は愛菜美のことを話す。 でも、正樹の返した言葉は意外で……。

 主人公とヒロインの純愛が不協和音(ディソナンス)を生み、ドロドロした展開となる“純ドロ”ストーリー。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事