純愛ディソナンス:“正樹”中島裕翔が大ピンチ&ショック! まさかの展開に視聴者「うそだろぉおお!」「混ぜるな危険」(ネタバレあり)

連続ドラマ「純愛ディソナンス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 3
連続ドラマ「純愛ディソナンス」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが主演する連続ドラマ「純愛ディソナンス」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が、8月18日に放送された。新田正樹(中島さん)が大ピンチに見舞われる展開となり、視聴者を驚かせた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、主人公とヒロインの純愛が不協和音を生み、ドロドロした展開となっていく“純ドロ”ストーリー。第1部は高校を舞台に青春、恋、サスペンスを描き、第3話から始まった第2部では、5年後を舞台に大人の人間模様を描く。

 第6話では、「コアスパーク」社の路加雄介(佐藤隆太さん)とのコラボ企画「セカプリゾート」の記者発表に向け、正樹は準備を進めていた。路加から発表と同時にユーザーがサービスを利用できるよう、リゾート施設の大改修を早めてほしいと依頼を受け、それに応えようと動き始めた。

 いよいよ記者発表の当日。「モノリエステート」の社長で正樹の義父・碓井賢治(光石研さん)は張り切るが、会場に路加の姿がなく、正樹は疑問に思う。すると、部下から「新田さん、これ!」と、ある映像を見せられた。そこには別の会社と記者発表を開く路加が映し出されていて……と展開した。

 正樹が事情を確かめに「コアスパーク」社を訪れると、路加は不在だった。代わりに対応する部下は、「てっきり社長から聞いていらっしゃるものかと思っていました」と一言。続けて「だって奥様は全てご存知でしたよ」と衝撃の事実を明かした。正樹の妻・愛菜美(比嘉愛未さん)は「彼は全て失うと私のところに戻ってくるから」と、路加のたくらみを知りながら正樹にだまっていたのだった。

 路加だけでなく、妻の愛菜美も加担していたことに、SNSでは視聴者が「ええええ!?」「うそだろぉおお!」「ひ……まじかよ」と大混乱。「ドン底に落として助けたい愛菜美怖い」「今回で愛菜美と路加さんが混ぜるな危険だということがしっかり分かったよ……」と恐れる声が相次いだ。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事