横浜流星:“芝居”にかける思いを吐露 「これがなくなったら自分じゃない」

映画「アキラとあきら」の初日舞台あいさつに登場した横浜流星さん
1 / 1
映画「アキラとあきら」の初日舞台あいさつに登場した横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが8月26日、東京都内で行われた映画「アキラとあきら」(三木孝浩監督)の初日舞台あいさつに竹内涼真さんらと登場。映画にちなみ「融資したいほど情熱を注いでいるもの」を聞かれた横浜さんはフリップで「芝居」と回答し、「(登壇者の)みなさんそうだと思うんですけど……僕は他になくて、情熱を注ぐものが。これしかないんで」と俳優としての思いを吐露。さらに「これがなくなったら、自分じゃないので。まだまだ、ということが分かっているからこそ、もっと情熱を注ぎたいなということで、『芝居』にしました」と語り、会場に集まった観客から拍手を浴びていた。

 今作で竹内さんとダブル主演を務めている横浜さんは、舞台あいさつ冒頭で「無事初日を迎えることができて、本当に幸せを感じています」としみじみ。終盤には「(竹内さんと横浜さんが演じている)山崎、階堂の生き方を見て、今仕事を頑張っている方や、何かに情熱を注いでいる方にエールを送れたらいいなと思っています。みなさんにとってこの作品が、心に残り、大好きな作品になることを祈っています」と締めくくり、感慨深い表情を浮かべていた。

 映画は、池井戸潤さんの同名小説(集英社文庫)が原作。メガバンク「産業中央銀行」を舞台に、偶然にも同じ名前を持つ新入社員・山崎瑛(竹内さん)と階堂彬(横浜さん)が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かっていく姿を描く。

  舞台あいさつには人気グループ「King & Prince」の高橋海人さん、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、ユースケ・サンタマリアさん、江口洋介さん、三木監督も出席した。

映画 最新記事