福原遥:新朝ドラ「舞いあがれ!」は「勇気や笑顔を届ける作品」に 「ちむどんどん」黒島結菜からバトンタッチ

NHK連続テレビ小説の“バトンタッチ”セレモニーに出席した福原遥さん(左)と黒島結菜さん(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説の“バトンタッチ”セレモニーに出席した福原遥さん(左)と黒島結菜さん(C)NHK

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の“バトンタッチ”セレモニーが9月14日、大阪市内で行われ、放送中の「ちむどんどん」のヒロイン黒島結菜さんと、10月3日にスタートする「舞いあがれ!」のヒロイン福原遥さんが出席。福原さんは「舞という女の子が夢を見つけて、その夢に向かって自分のペースで一歩一歩進んでいくその成長を見ていただき、少しでも皆さんに勇気だったり笑顔を届けて今日一日頑張ろうと思ってもらえるような作品になればいいと思います」と意気込みを語った。

 さらに福原さんは「ものづくりの町・東大阪や、自然いっぱいの五島列島の魅力がたくさん詰まっていると思うので、そちらも楽しんでいただければいいなと思います」とコメント。「『(黒島さん演じる)暢子ちゃんが頑張っているから、わたしも頑張ろう』と元気をもらっています。毎日の撮影は体力勝負だと思いますが、日々自分の中で心がけていたことがあったらアドバイスをいただきたいです」と、先輩ヒロインの黒島さんに質問する一幕も。

 黒島さんは「スタッフ、キャストが仲がよいチームだったので現場にいるのが楽しくて、みんなに支えてもらいながら1年間撮影できたなと思っています。心がけていたことは、ちゃんと目を見てなるべくひとりひとりの顔を見てあいさつすることです。今日もみんなに会えたなということが自分の支えにもなっていたのであいさつは当たり前のことですが意識していました」と答えていた。

 恒例のプレゼント交換で、黒島さんは福原さんに「やんばるの草木染めショール」をプレゼント。暢子がのびのび育った「ちむどんどん」の舞台・やんばるらしい素材を使いながら、「舞いあがれ!」の舞台・五島列島に向かって大きく広がる空をイメージしたという。

 福原さんから黒島さんへのプレゼントは「長崎・五島列島の風景を映し出したステンドグラス」。「ちむどんどん」の黒島さんと「舞いあがれ!」の福原さんという2人の朝ドラヒロインを思いながら制作されたといい、五島の海と空、そして島を象徴するツバキの花があしらわれている。

 「舞いあがれ!」は、ヒロインの舞が、ものづくりの町・東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人と絆を育みながら、空を飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。脚本はNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんが手掛ける。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子と、竜星涼さん演じる兄・賢秀、川口春奈さん演じる姉・良子、上白石萌歌さん演じる妹・歌子という、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画