ちむどんどん:“成長著しい健彦” 急成長に視聴者「まさかや!」 「ラスト2週間で大人に?」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第116回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第116回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第116回が9月19日に放送され、暢子(黒島さん)の子供・健彦の“成長速度”に、視聴者から「成長著しい健彦」「爆速成長する健彦にまさかや!」といった声が相次いだ。

 1980年1月に誕生した健彦。名前は、暢子と和彦(宮沢氷魚さん)が、健やかに育つようにと願いを込めて名付けた。

 第116回のアバン(アバンタイトル=プロローグシーン)では、第115回(9月16日放送)の健彦誕生シーンの続きが描かれ、そこから1年後に飛び、暢子におぶわれる1歳の健彦の姿が映し出されると、直後「健彦が2歳になる頃……」とのナレーションが流れ、健彦は2歳に成長した。

 オープニングが終わると、さらに時は進んで、1984年4月。4歳の健彦(三田一颯君)が登場。矢作(井之脇海さん)に「健坊!」と呼ばれるなど、周囲に可愛がられる健彦は、元気にすくすくと育っていた。

 結果、同回では、開始から4分足らずで、0歳→1歳→2歳→4歳の健彦の成長過程が描かれた。SNSでは「健彦、ナレ成長」「わああああ健彦くんの2歳までが30秒ww子供の成長は早いからなあwww」「あっという間に健彦くん、2歳……いや、4歳」「『成長著しい健彦』とかテロップ入れたら、朝ドラと大河がシンクロしてておもろかったのに」「健彦めちゃくちゃ可愛い子だな〜」「健彦くん、ラスト2週間で大人に成長しそう……?」といったコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画