祈りのカルテ:原田泰造が玉森裕太を気に掛ける患者役 陽気でサウナ好きも大きな秘密を抱える

連続ドラマ「祈りのカルテ」に出演する原田泰造さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「祈りのカルテ」に出演する原田泰造さん=日本テレビ提供

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん主演の連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(日本テレビ系、土曜午後10時)が10月8日に始まる。原作は知念実希人さんの医療ミステリー「祈りのカルテ」シリーズ(角川文庫など)。研修医の諏訪野良太(玉森さん)が、カルテを基に患者の秘密を見破り、心を癒やすことで病を治していく。

 ここでは、原田泰造さん演じる広瀬秀太を紹介する。

 ◇生活保護を受け私生活は謎 大きな秘密も抱える

 夜間救急で純正医科大学附属病院に運ばれて来た時、諏訪野がたまたま担当する患者。それ以来、何かと諏訪野を気に掛ける。陽気でサウナ好きだが、生活保護を受けており私生活は謎に包まれている。実は大きな秘密を抱えている。

 ◇初回ストーリー

 研修医らは2年間の初期研修で約1カ月ごとにさまざまな科を回って進路を決める。諏訪野の新たな研修先は精神科。あいさつしようとする諏訪野の目の前で、指導医の立石聡美(松雪泰子さん)は真剣な顔つきでタロットカードと向き合っている。立石は「愚者」のカードを引き当てると、「まさかあなたが?」と諏訪野の顔をジロジロ見る。

 「精神科の診察は患者さんの話を聞くことから始まる」という立石に、担当患者を任される諏訪野。25歳の山野瑠香は、右腕にはリストカット痕、左腕にはたばこのやけどの痕が。過量服薬で2年間、毎月入院を繰り返している。

 諏訪野は瑠香の話を聞こうとするが、「それ以上聞くな」という雰囲気を瑠香から察した諏訪野は、何も聞けなくなる。医局に戻った諏訪野は、瑠香の初診からのカルテを見返す。すると、瑠香のやけど痕がある文字になっていることに気づき……。

テレビ 最新記事