君の花になる:“弾”高橋文哉「あんたの顔見たいから」 思わぬラストシーンにツッコミ相次ぐ(ネタバレあり)

連続ドラマ「君の花になる」第5話の一場面 (C)TBS
1 / 20
連続ドラマ「君の花になる」第5話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が11月15日に放送された。ラストシーンでは、7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の佐神弾(高橋文哉さん)がハグをするシーンが描かれたが、その意外なお相手に視聴者から「そっちかい」と、ツッコミが相次いだ。

 ◇以下、ネタバレがあります

 元高校教師がボーイズグループの寮母になる青春ラブコメディーで、あす花と8LOOMの共同生活を描く。8LOOMのメンバーは、高橋さん、宮世琉弥さん、綱啓永さん、八村倫太郎さん、森愁斗さん、NOAさん、山下幸輝さんが演じる。

 第5話では、8LOOMが、契約更新を懸けた新曲「Melody」で週間ランキング1位を取るために一致団結。香坂すみれ(内田有紀さん)の計らいで、8LOOMにライブ出演の話が舞い込むが、リーダーの小野寺宝(山下さん)に異変が起き……という展開だった。

 宝は、新しい振り付けの重要パートを担当することになっていたが、練習で右足首の靱帯(じんたい)を痛め、全治2週間と診断される。

 7人全員での出演を目指す8LOOMは、宝に負担がかからないよう、全員が椅子に座ったままでのパフォーマンスを考案。練習に励み、出演を無事に終える。

 ライブ出演の反響は大きく、8LOOMは「Come Again」で週間ランキング1位を獲得。事務所にいる弾は、寮母の仲町あす花(本田さん)に「あんたの顔見たいから」と電話口で告げ、走って寮に向かう。

 寮の外で出会い、見つめ合う弾とあす花。そこへ突然、8LOOMがよく足を運ぶ銭湯の看板娘・池岡奈緒(志田彩良さん)が脇から現れ、弾とハグをし「おめでとう」と声をかける。これを見たあす花は右手を胸に当て、複雑な表情を浮かべた。

 このラストシーンに、SNSでは「邪魔しないでよ」「おいおい修羅場やん」「めちゃくちゃ良いところ持っていきやがった」「奈緒ちゃん、思ったより怖い女だ」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 20 枚

テレビ 最新記事