舞いあがれ!:目黒蓮が初登場! 舞と“最悪な出会い”「silent」とギャップありすぎ 「いい感じに嫌なやつ」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第36回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第36回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第36回が11月21日に放送された。同回では、人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんが演じる柏木弘明が登場し、視聴者からは「『silent』とのギャップがありすぎで新鮮」「第一印象がいや~な感じの人からどう変わるのか楽しみだなあ」といったコメントが寄せられている。

 柏木は、国際線のパイロットの父と、元CA(キャビンアテンダント)の母の航空一家で育ったエリート。完璧を目指す努力家でプライドが高く、弱みを見せないが、舞(福原さん)と同じチームで訓練を続けるなかで、次第に変化していく。

 舞と柏木は、航空学校の面接試験を一緒に受けることとなった。試験前に舞が「緊張しますね」と声をかけるが、柏木は「別に。君の緊張は俺になんの関係もない。黙っててくれないか」と答え、舞は思わず「すいません」と黙り込んでしまう。

 面接で舞は、人力飛行機で空を飛ぶ楽しさを感じ、みんなに空を飛ぶ喜びを知ってもらいたくパイロットになりたいと熱く語った。面接が終わると、柏木が「人力飛行機みたいなお遊びと旅客機のパイロットは違う。プロフェッショナルな厳しい世界だ。夢だの思いだの、頭の中、お花畑か。もう君と会うことはないだろう」と一方的に告げて、舞も「なんなん!」と怒りをあらわにしていた。

 その後、無事に航空学校への合格を果たした舞。学校に到着すると、柏木と遭遇し「あの人や……。はあ……」とため息をつくシーンも描かれた。

 SNSでは「いい感じに嫌なやつでした!」「最高に感じ悪い登場でした! いいぞ!」「この第一印象最悪な出会いがどう変化していくんだろう。楽しみ」「この2人の恋模様とか見られますか?」と今後の展開に期待する声が続出している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事