親愛なる僕へ殺意をこめて:第8話 “B一”山田涼介、“京花”門脇麦の足取りを追う ついにLLが!

連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第8話の一場面(C)フジテレビ
1 / 5
連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第8話の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系)第8話が11月23日に放送される。この日は10時10分から。

 B一(山田さん)は、別人格のエイジが6日以上表に出てきていないのを不審に思っていた。「これからどうするつもりなの?」とナミ(川栄李奈さん)に問われたB一は、雪村京花(門脇麦さん)の住んでいたマンションへ向かうと返す。

 京花は10月30日の時点で連続殺人鬼“LL”が故・八野衣真(早乙女太一さん)と信じていたが、11月3日には「LLが生きていた」と言い出す。B一は、その3日間に京花が何かを知ったのでは、と推測して彼女の足取りを調査しようと考えた。

 京花の部屋に侵入したB一は、車のキーを見つける。カーナビの履歴も調べ、11月1日に京花が、ある町を訪れていると知る。B一は、ナミと共にその町へと向かうが……。予告には「ついに、殺人鬼LLが現れる」とある。

 原作は累計発行部数120万部を突破した井龍一さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)。15年前の連続殺人「LL事件」の容疑者・八野衣を父に持つ大学生のエイジが、二重人格を悟り、もう一つの人格“B一”が殺人を犯しているかもと不安に駆られていくサスペンス。これまでの物語で、B一が元々の人格で、エイジはB一が作り出した人格と判明。B一は、父・八野衣の無罪を信じてLL事件の真相を追っている。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画