親愛なる僕へ殺意をこめて:第5話 “京花”門脇麦、“エイジ”山田涼介に衝撃的事実を告げる

連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第5話の一場面(C)フジテレビ
1 / 5
連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第5話の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)第5話が11月2日に放送される。

 浦島エイジ(山田さん)は、恋人の雪村京花(門脇麦さん)の過去を知り、心の闇に触れる。京花に救われた時のように、今度は自分が彼女を救いたいと願う。その思いを受け止めた京花は、誰にも言えなかった過去と、誰が畑葉子(浅川梨奈さん)を殺したのかを教える、とエイジに告げる。

 警察署へ行ったナミ(川栄李奈さん)は、葉子の事件を追う刑事の桃井薫(桜井ユキさん)に、帝東大学教授・白菱正人(佐野史郎さん)の証言はうそかもしれないと話す。白菱は、葉子が半グレ集団「スカル」のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也さん)に連れ去られたと証言していた。しかし、葉子は何者かが乗る黒のミニバンに乗って逃げた、とサイはエイジに話していた。ナミは、白菱の自宅前で黒のミニバンを発見し、その写真を桃井に見せる。

 同じ頃、エイジは京花に連れられて古い集合団地の「C-302号室」に入る。かつて京花が家族と暮らしていた部屋だ。京花はそこで衝撃的な事実をエイジに告げる。

 原作は累計発行部数120万部突破の井龍一さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)。自分は二重人格と悟った大学生のエイジが、別人格“B一”は殺人を犯しているかも、と不安に駆られ、真相を追い求めるサスペンス。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事