舞いあがれ!:自称“愛妻家”中澤学生「ちょ、待てよ!」 夫婦仲を視聴者心配 「話し合ってなかったのか?」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第38回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第38回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第38回が11月23日に放送された。同回では、航空学校での舞(福原さん)の同期・中澤真一(濱正悟さん)の不穏な様子が描かれ、視聴者からは心配の声が上がった。

 中澤は、妻子がいて、役場勤めをしていたが、夢だったパイロットを諦められず、退職して航空学校に入った。妻との間には溝ができ始めていることに、気をもみながら訓練に励む。

 第38回では、メンバー同士の親睦を深めようと、舞がクリスマスパーティーを提案する。中澤は「すまないが、土曜日は妻と息子が来るんだ」と断りを入れると、舞は中澤が結婚していることに驚く。中澤は「こう見えて、愛妻家なんで」と笑顔を見せた。

 しかし、パーティー当日、中澤は寮にいた。妻と思われる人物と電話をしているシーンでは、「だから、ちゃんと会って話をしようって言ってるだろ。きょうだってせっかく時間作ったのに。ちょ、待てよ!」と電話口で呼びかけるも、一方的に切られてしまう。

 SNSでは「中澤さん、電話の相手は妻か? 航空学校のこと、夫婦で話し合ってなかったのか?」「中澤学生は妻の反対押しきって仕事辞めて来たんかな」「中澤くんクールだけど、いろいろあるのよね。やっぱり」といったコメントが並んだ。

テレビ 最新記事