舞いあがれ!:めぐみ、一瞬の笑顔→泣き崩れる 永作博美のリアルな演技が話題「お芝居に見えなかった」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第66回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第66回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第66回が1月6日に放送された。同回のラストシーンで見せためぐみ役の永作博美さんの演技に、視聴者から驚きの声が上がっている。

 ◇以下、ネタバレがあります

 IWAKURAでは、試作で合格をもらったネジが100万本以上の大量発注を受けることになるが、納期期限は2週間後で、さらに本発注は受けていないという状況。浩太は、本発注の前にネジの生産を始める決断をするが、直前で設計が変更となり、発注はなくなってしまう。

 ある夜、工場で倒れている浩太をめぐみと舞(福原さん)が見つける。急いで病院へ向かうも、手術室から出てきた医師は「バイパスの手術をしましたが、心臓の動きが戻ってきませんでした。手は尽くしましたが……。大きな発作で、お助けできませんでした」と告げる。

 めぐみは大粒の涙を流しながら「うそお?」と笑顔のような表情を見せ「うそやん、な?」と舞にと問いかける。しかし、舞は何も反応できず、めぐみは「お父ちゃん、お父ちゃん……」と過呼吸気味にその場にしゃがみ込み、今週の放送が終わった。

 放送後には、「永作博美」がツイッターのトレンドに入るなど、永作さんの演技が話題を呼んだ。視聴者からは「リアルすぎてお芝居に見えなかった」「お母ちゃんの泣き方は初めて見る演技だった。まさに“お母ちゃん”だった」「永作さんの演技がえげつなさすぎて、もらい泣きというかもらい号泣してしまった」「ラストシーンの一瞬出た笑顔からの流れ、すごかった」と胸打たれたというコメントが続々と寄せられている。

テレビ 最新記事