虎に翼:判決聞いた玉ちゃんの行動が「可愛すぎた」件 喜びのあまり? 隣の“傍聴おじさん”笹山の着物の袖ブンブン!

NHK連続テレビ小説「虎に翼」で羽瀬川なぎさん演じる玉 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」で羽瀬川なぎさん演じる玉 (C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第10回が、4月12日に放送され、裁判の結果を聞いた涼子(桜井ユキさん)のお付きの玉(羽瀬川なぎさん)の行動が「可愛すぎる」と話題となった。

ウナギノボリ

 第10回では、判決の日。寅子(伊藤さん)たちの予想は外れ、妻が着物を取り戻すことが認められる。大喜びする女子部の面々だったが、よね(土居志央梨さん)だけは「甘い」と怒りを隠さない。

 裁判には確かに勝ったが、あの女性の受ける扱いは変わらない、と言うよね。寅子は、着物を返還された妻・峰子(安川まりさん)の「離婚裁判は続くが、最後まで戦う」という言葉に、「法律は盾のように人を守るためのもの」だと考えるようになる……と展開した。

 同回の冒頭、田中裁判長(栗原英雄さん)が、「被告は原告に対し、別紙 目録記載の物品を引き渡すべし」と「主文」を読み上げると、法廷内は驚きと喜びの声が入り乱れる。その中には玉の姿もあり、隣に立つ「傍聴マニア」のすし職人・笹山(田中要次さん)の着物の袖をつかんで“ブンブン”。女子部の面々と一緒になって喜んだ

 SNSでは「予想外の判決に、喜びのあまり笹山さんの袖をつかんで小さくブンブンする玉ちゃんが可愛すぎた」「傍聴マニアおじさんの袖をビロビロする玉ちゃん可愛すぎる」「玉ちゃんが判決に喜んで小さく飛び跳ねて思わず笹山大将の袖つかんで、は!この方誰だっけすみません!ってなってるの可愛い」などの声が上がり、「目立たないところで誰よりも先に、そして深々と頭を下げ、判決を笹山と無邪気に喜ぶ玉ちゃん。真面目で純粋で素直な人だと改めてわかる良い場面でした」といった感想が書き込まれた。

 玉役の羽瀬川さんは1998年6月19日生まれの25歳で、2021~22年放送の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」にも出演。同作では、条映太秦映画村のミスコンにエントリーナンバー9番で出場した“聖子ちゃんカット”の美女・高山理恵を演じた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画