イップス:ラストの“慧”染谷将太の意味深な表情が話題に 「染谷将太がただの弟なわけない」(ネタバレあり)

ドラマ「イップス」の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
ドラマ「イップス」の一場面(C)フジテレビ

 篠原涼子さんとバカリズムさん主演の連続ドラマ「イップス」(フジテレビ系、金曜午後9時)の第2話が4月19日に放送された。染谷将太さん演じる黒羽慧の意味深な表情について、SNSで話題になった。

ウナギノボリ

 ◇以下、ネタバレがあります

 脚本は、オークラさんと森ハヤシさんのオリジナル。精神的な理由で、普段できていた事が急にできなくなる運動障害「イップス」を抱える黒羽ミコ(篠原さん)と森野徹(バカリズムさん)の“絶不調バディー”が補い合い、小気味良い会話を展開しながら犯人を追い詰めるミステリー・コメディーだ。

 第2話で、ミコと森野は、人気のコンビインフルエンサー「悪童エクスプレス」の“よっちゃん”(藤原季節さん)と“チョロ”(細川岳さん)の事件を解決する。

 森野をモデルにした小説を書くことを思いついたミコは、そのアイディアを電話で弟の慧に伝える。慧は「たしかに面白そうだね」と話すが、ミコから森野の名前を聞いた途端、何かを思い出したかのように資料を調べ始める。資料の中には、森野の名前が書かれている箇所があり、慧は険しい表情を浮かべるのだった。

 SNSでは「弁護士弟の染谷将太さん、いつになくナチュラルな感じで可愛いじゃないかと思っていたら、急に不穏」「バカリズムと染谷将太に何らかの因縁があるな」「なんかあるのね。 染谷将太がただの弟なわけないもんね」「染谷将太がこのまま終わる訳ないのか……」「染谷将太、やはり染谷将太だった………(ただの脇役じゃないということ)」と盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画