ブルーモーメント:田中圭がサプライズ出演 幼なじみ役で山下智久と9年ぶり共演 「久しぶりに会えてうれしかったです」

連続ドラマ「ブルーモーメント」第1話の一場面(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「ブルーモーメント」第1話の一場面(C)フジテレビ

 山下智久さん主演の連続ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系、水曜午後10時)の第1話が4月24日に放送され、俳優の田中圭さんが主人公・晴原柑九朗(山下さん)の幼なじみ、藤村四季役で登場した。事前告知なしのサプライズ出演で、山下さんとの共演は、2015年10月期に放送された連続ドラマ「5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)以来、約9年ぶりとなる。

ウナギノボリ

 藤村は、“天才数学少年”と言われた晴原を幼い頃から知る人物。後に晴原の婚約者となる園部灯(本田翼さん)とも学生時代から親交がある。ムスッとした顔で過ごすことの多かった晴原が、灯の前では心がほどけ、笑顔になるところも見てきた。

 藤村と晴原は、ともにテレビ局に入局。晴原は気象デスク、藤村はプロデューサーとして切磋琢磨(せっさたくま)し、支え合ってきたが、5年前の大雨が降りしきるある日、さらなる人的被害の拡大を防ぐため、藤村は晴原を呼び出す。灯との結婚式の準備で忙しい晴原を呼び出したおわびにと、灯が好きなドーナツを差し入れするが……と展開する。

 田中さんは、第1話冒頭の山下さんとの共演シーンでクランクイン。公私ともに親交のある2人は、カメラが回ると完璧なせりふ回しで、次々とOKを重ねた。カットがかかると互いに駆け寄り、談笑する姿が見られたほか、オフショット撮影では、カメラマンが声をかける前に自然とハグ。その様子は、ドラマの公式SNSにアップされる予定だという。

 久しぶりの共演について、田中さんは「山下くんはずっと好きな存在なので久しぶりに会えてうれしかったです。ただ、ちょっとマッチョになりすぎてますね(笑い)。そんなに鍛える!? というくらいマッチョになっている(笑い)」と、鍛え上げられた姿に驚きを隠せない様子。

 「原作、脚本ともに面白そうで、山下くんが晴原先生役。他のキャストの方のお名前を聞いて、さらに面白そうだなと思っていましたが、それが今日の現場で確信に変わりました。久しぶりにフジテレビの現場に戻って来られたのもうれしかったです。作風的に少しだけ重い空気が流れていたので、少しでも明るくなればと思って、リハーサルで小ボケを入れたら大スベり、怖かったです(笑い)」と、ちゃめっ気たっぷりに撮影初日を振り返った。

 ドラマは、小沢かなさんが「COMIC BRIDGE」(KADOKAWA)で連載中の同名マンガが原作で、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、最前線で命がけの救助にあたるSDM(特別災害対策本部)メンバーの奮闘を描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画