虎に翼:よね→花岡の線はナシ? “複雑な表情”の謎が判明 「見守ってくれてたんだ」「優しいなあ」

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第33回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第33回の一場面(C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第33回が、5月15日に放送された。第32回の放送で、視聴者からさまざまな感想が寄せられた、よね(土居志央梨さん)の複雑な表情の意味が判明した。

ウナギノボリ

 第32回で、花岡(岩田剛典さん)が故郷の佐賀に赴任したことを聞いたよねは、「そうだったのか……ふ~ん」と、何か思い悩むような表情を見せていた。SNSでは「もしかして、よねさんが花岡さんのことを……?」「あの表情は何だったんだろう」といった感想が書き込まれていた。

 第33回では、寅子(伊藤さん)と同時に合格した久保田(小林涼子さん)が、“婦人弁護士”として初めて法廷に立つと聞き、轟(戸塚純貴さん)とよねと共に見学に向かった寅子は、その帰り道で花岡(岩田剛典さん)と出くわす……と展開した。

 花岡は婚約者の小高奈津子(古畑奈和さん)を連れていて、寅子は明らかに動揺する。よねは、心配そうに寅子に視線をやるが、寅子は「ご婚約おめでとうございます」とお祝いの言葉を振り絞った。

 その後、寅子、よね、轟の3人は、竹もとに移動。よねは「だから佐賀についていけばよかったんだ」とポツリ。寅子は「私には私のやりたいことがあるんだから」と必死に否定するが、よねは「じゃあそんな顔しないで食え」と厳しくも、愛のある言葉を送った。

 SNSでは、「よね→花岡の線はなかったということか」「よねさん、花岡に淡い感情を抱いてたワケじゃなかったのね?」「寅ちゃんのこと見守ってくれてたんだね」「よねさんはトラちゃんの気持ちに気づいてたんだね」「動揺する寅子を心配そうな顔で見つめるよねさん。優しいなあ」といったコメントが寄せられた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画