虎に翼:「どこかずっと、人ごとだった」 道男を引き取った猪爪家 はるさんの言葉に「じんときた」

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第57回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第57回の一場面(C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第57回が、6月18日に放送され、はる(石田ゆり子さん)の言葉が、視聴者の話題を集めた。

ウナギノボリ

 第57回では、スリの少年たちのリーダー・道男(和田庵さん)を追いかけた寅子(伊藤さん)が、よね(土居志央梨さん)と再会する。轟(戸塚純貴さん)とよねは、カフェー「燈台」があった場所に法律事務所を開いていた。

 寅子が判事補になったと聞いて喜ぶ轟と、対照的に冷たい態度を取るよね。多岐川(滝藤賢一さん)は、子供たちに必ず手を差し伸べると約束して……と展開した。

 引き取り先が見つからない道男に、寅子は「いくらでも泊めてやるから」と猪爪家へと連れて帰ってくる。

 横柄な態度の道男に、花江(森田望智さん)は「君ねそれが泊めてもらおうって人の態度?」と苦言を呈すが、道男も「おばさんは、俺がひれ伏せば満足?」と改める様子もなかった。

 子供たちも「こんな人無理だよ」と言うが、はるは「泊めてあげなさい。今夜だけじゃない。必要なだけ、ここにいればいいわ。人生、持ちつ持たれつ助け合いですよ。お天道様は見てます」と告げ、家族もしぶしぶ了承した。

 その後、寅子は「ありがとうございます。助かりました」とはるに感謝。はるは「ああいう子が日本中にいるのよね。この寒い中、外で眠っているのよね。寅子からずっと話を聞いてたのに、あの子を見るまでどこかずっと、人ごとだった。子供たちを置いて亡くなった親御さんたちはさぞ無念でしょうね」と思いの丈を語っていた。

 SNSでは「お母さんが全部言ってくれた」「人ごとだったと内省するはるさん。めっちゃいい」「はるさんの大きさにちょっと驚き、じんとした」「はるさんゴッドマザー」といったコメントが寄せられている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画