田中美久:7月期ドラマ「夫の家庭を壊すまで」で嫉妬心抱くJK役 松本まりかに挑戦的な行為も「真っすぐで素直な女の子」

連続ドラマ「夫の家庭を壊すまで」に出演する田中美久さん
1 / 5
連続ドラマ「夫の家庭を壊すまで」に出演する田中美久さん

 アイドルグループ「HKT48」の元メンバーの田中美久さんが、俳優の松本まりかさん主演で7月8日にスタートする連続ドラマ「夫の家庭を壊すまで」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)に出演することが分かった。松本さん扮(ふん)する主人公に嫉妬心を抱いている女子高生を演じる。

ウナギノボリ

 ドラマは、配信と同時にLINEマンガ総合ランキング1位を獲得した赤石真菜さんの同名ウェブマンガが原作で、“サレ妻”による痛快無比な復讐(ふくしゅう)劇を描く。

 学生からの純愛を貫いて結婚し、子供にも恵まれ幸せな家族だと思っていた主人公の如月みのり(松本さん)は、夫の如月勇大(竹財輝之助さん)が、15年にわたって不倫を続け、もう一つの家庭を持っていたことを知る。

 離婚だけでは絶対に許せないと、夫と不倫相手のシングルマザー・三宅理子(野波麻帆さん)への復讐を決意したみのりは、復讐計画として、理子の息子で高校生の三宅渉(野村康太さん)を利用することに。渉は塾の先生として出会ったみのりに好意を寄せていき……と展開する。

 田中さんは武藤花音役での出演。花音は渉と同じ塾に通う女子高生。渉に対してアピールするも中々興味を持ってもらえない。そんな渉が思いを寄せているみのりに対して嫉妬心を抱いている……という役どころとなる。

 田中さんは「原作には登場しないオリジナルキャラクター・武藤花音役で出演いたします。この役は主演・松本まりかさんの歳の離れた相手役・野村康太さんのことを好きになる同級生の女の子です。愛と裏切りの四角関係が続く中、この子は唯一ちゃんとした真っすぐで素直な女の子だと私は感じました。松本まりかさんに挑戦的な行為をとるシーンがたびたび登場する強気なキャラクターですが、この役がいることでいいバランスをとれたらなと思っています。芯の強い心を持って恋をしている花音と共に頑張ります!」とコメントを寄せた。

 そのほかドラマには、みのりを支える心優しき義母・如月裕美役で麻生祐未さん、みのりの親友で復讐(ふくしゅう)を陰でサポートする弁護士・堀紗良役で太田莉菜さん、勇大を尊敬している会社の後輩・楠木一郎役で太田将熙さん、不倫に寛容な新入社員・松崎和歌子役で演劇コントユニット「ダウ90000」の中島百依子さんの出演も発表された。

写真を見る全 5 枚

アイドル 最新記事