ドラマ「ウソ婚」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「ウソ婚 あらすじ」ページは「ウソ婚」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

ウソ婚:最終話 “八重”長濱ねるが“健斗”黒羽麻璃央と結婚!? 身を引いた“匠”菊池風磨の恋の結末は?

連続ドラマ「ウソ婚」最終話の一場面=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さん主演の連続ドラマ「ウソ婚」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後11時)最終第12話が9月26日に放送される。

 設計事務所社長の夏目匠(菊池さん)のマンションを出た千堂八重(長濱ねるさん)は、匠との約束を破り、自分たちの結婚がウソだと匠の元カノ・紗智(中村ゆりかさん)に明かしたことを後悔していた。八重はそれが匠に別れを切り出された理由と思い、自分を責める。すると、幼なじみの健斗(黒羽麻璃央さん)は八重にあることを告げる。

 匠と会った健斗は、八重の本当の気持ちに気づかず「八重の王子様はお前だ」と言う匠に、「俺はずっとたっくんになりたかった」と吐露。匠を挑発するように、八重を赴任先のアフリカへ連れて行くと告げる。さらに、進藤(渡辺翔太さん)の計らいで、匠の設計した結婚式場で2日後に挙式すると伝える。

 結婚式当日、匠は、八重が幼い頃に描いた王子様とお姫様の絵を見つめ……。

 原作は時名きういさんが電子雑誌「姉フレンド」(講談社)で連載中の同名マンガ。女性にモテまくるドSの設計事務所社長が、既婚者の肩書を手に入れるために、ひょんなことから職も家も失ってしまった幼なじみと期限付きの“ウソ婚”をするラブコメディー。

「ウソ婚」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -