ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~ あらすじ」ページは「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~:「愛と奇跡の最終回」 “ミズキ”中川大志、“誠司”二宮和也に銃を向ける

“月9”ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」最終回の一場面(C)フジテレビ

 二宮和也さん、中谷美紀さん、大沢たかおさんトリプル主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」(月曜午後9時)最終第11話が12月18日に放送される。予告動画では、「愛と奇跡の最終回」などのテロップと共に、銃を向けられた勝呂寺誠司(二宮さん)の姿などが映し出されている。

 記憶を取り戻した誠司は「アネモネ」の2代目・笛花ミズキ(中川大志さん)と共にメキシコの犯罪組織「ロス・クエルボ」に接触。取引に向けて動き出す矢先、ミズキは誠司に銃を向ける。

 「横浜テレビ」のキャスター、倉内桔梗(中谷さん)は、アネモネとロス・クエルボの取引現場を生中継しようと動き出していた。だが現場が変更されたため、行き場を失う。

 同じ頃、横浜テレビでは報道制作局長の折口康司(小手伸也さん)らが生放送の大型音楽特番を中断。この一日に横浜で起きた事件の報道を始めていた。

 「葵亭」ではクリスマスディナーが始まっていた。シェフの立葵時生(大沢さん)の用意したメインディッシュは想像のはるか斜めからいく内容。竹本梅雨美(桜井ユキさん)らスタッフも戸惑いを隠せない。

 取引後、「あんたはここで終わりだ」と誠司に告げたミズキ。そこへ一人の男が現れ、すぐにここから離れるようミズキに告げる……。

 クリスマスイブの1日の出来事を1クールで描くドラマ。銃殺事件の容疑をかけられた記憶喪失の勝呂寺誠司(二宮さん)、横浜で三代続く老舗レストランのシェフの立葵時生(大沢さん)、「テレビ横浜」の報道キャスター、倉内桔梗(中谷さん)の3人の物語が並進し、最後に交錯する。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -