MANTANWEB(まんたんウェブ)

藤岡弘、:38年ぶり変身に「体震えた」 平成ライダーを激励

映画

 初代「仮面ライダー」の本郷猛役を演じた俳優の藤岡弘、さんが12日、東京都内で行われた劇場版「平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」完成披露舞台あいさつに登場。約38年ぶりに初代ライダーに変身する藤岡さんは「感慨ひとしお。当時のすべてがよみがえって体が震えた」と話し、同席した平成ライダーに対して「現場は新鮮だった。皆しっかりしていて。若い連中が育ってくれるのが一番うれしい」と激励した。

 舞台あいさつには、藤岡さんのほか平成ライダーの鎧武・葛葉紘汰役の佐野岳さん、ディケイド・門矢士役の井上正大さん、ファイズ・乾巧役の半田健人さんと昭和ライダーのX・神敬介役の速水亮さん、ZX・村雨良役の菅田俊さん、初めて仮面ライダーに変身するフィフティーン・葵連役の板尾創路さん、連の妻・咲役の雛形あきこさんが出席した。

 佐野さんは「撮影はめちゃくちゃ緊張した。藤岡さんのアクションが吹き替えではなくて、やっぱり、1号は違うなって思った」と藤岡さんに尊敬のまなざしを向けると藤岡さんは照れ笑い。また、念願の仮面ライダーに初変身する板尾さんは「8歳のときにたまたま初回の放送を見た。仮面ライダーになりたくてしょうがなくて、やっと42年越しの夢がかなった。しかもお金もいただけてこんなにうれしいことはない」と話し、笑いを誘った。

  映画は、最新作「仮面ライダー 鎧武」をはじめとする15人の平成ライダーと、仮面ライダー1号をはじめとする15人の昭和ライダーの“おきて破りのライダー対決”が描かれ、どちらが勝利するかはファン投票で決定される。29日公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る