明日のまんぷく:11月15日 第40回 タカ、「もう手伝えない」と涙 忠彦が…

NHK連続テレビ小説「まんぷく」第40回の一場面(C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「まんぷく」第40回の一場面(C)NHK

 安藤サクラさん主演のNHK連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第7週「私がなんとかします!」を放送。11月15日の第40回では、「たちばな塩業」で働く“皆のマドンナ”タカ(岸井ゆきのさん)。ところが、突然「もう手伝えない」と泣きながら電話をかけてくる。実は、タカの父・忠彦(要潤さん)が倒れたのだった。心配した福子(安藤さん)が駆けつけるが……。一方、再び塩の出荷を迎えた萬平(長谷川博己さん)。今度こそ塩の品質が最上級に認められ、満額で売れるのか!?

 「まんぷく」は、99作目の朝ドラで大阪放送局制作としては42作目。インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生がモデルのドラマ。「海猿」や「ガリレオ」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などを手がけた福田靖さんが脚本、女優の芦田愛菜さんが最年少で全編の語りを担当する。

 第6週「お塩を作るんですか!?」では、福子たちは、克子(松下奈緒さん)の家を出て、大阪南部の泉大津に引っ越す。戦後の混乱期で、世の中に塩が足りないと知ったことをきっかけに、鉄板を使った塩作りを始めようと計画した萬平。居候の神部(瀬戸康史さん)は、従業員を集めようと奔走し、14人もの若い男たちを連れてくる。一緒に暮らす鈴(松坂慶子さん)の不満をよそに、福子はめいっ子のタカと一緒に、突然始まった集団共同生活を切り盛りして……という展開だった。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る