MANTANWEB(まんたんウェブ)

中学聖日記:第10話 有村架純、ついに「黒岩君が好きです」 岡田健史は「なんか引いた…」

テレビ
連続ドラマ「中学聖日記」第10話の一場面=TBS提供

 女優の有村架純さんが主演を務める連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系、火曜午後10時)の第10話が11日、放送される。キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖(有村さん)と晶(岡田健史さん)。島を出る日、晶は母・愛子(夏川結衣さん)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。

 東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子さん)だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて里美と聖は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとする。しかし、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられる……という展開。

 予告編には、聖が愛子に「教師としてではなく黒岩君が好きです」と告白する場面や、晶が電話で「なんか引いた、冷めた……」と話す姿などが映し出されている。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこさんの同名マンガが原作。片田舎の中学校を舞台に、女性教師の末永聖とその教え子の男子中学生、黒岩晶との“禁断の純愛”を描き、第6話から物語は高校生編に突入している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る