注目映画紹介:「血まみれスケバンチェーンソーRED」浅川梨奈がふんどし、ゲタ姿のスケバンを熱演 チェーンソー振り回す爽快アクションも注目

映画
映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」」の場面写真 (C)2019三家本礼・KADOKAWA刊/うぐいす学園3年A組

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」(スパガ)の元メンバー、浅川梨奈さんの主演映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」(山口ヒロキ監督)が22日からユナイテッド・シネマ アクアシティお台場(東京都港区)ほかで公開される。ふんどしにゲタという強烈なビジュアルの主人公に挑戦した浅川さんの、荒々しいスケバン役やチェーンソーを振り回す爽快なアクションが見どころだ。

 原作は、マンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)で連載された三家本礼さんのマンガ。女優の内田理央さん主演の実写映画が2016年に公開され、今作は新章を描くリブート作となる。前後編の2本立てで公開。主人公の女子高生・鋸村ギーコは、ある日突然、うぐいす学園に通う同級生の碧井ネロが作り出した改造死体たちに襲われ始める。なぜネロはギーコを狙うのか。ギーコは改造死体たちを倒しながらネロのアジトに乗り込み、直接対決を試みるが……というストーリー。

 ネロをガールズグループ「ゆるめるモ!」のあのさんが演じ、替地桃子さん、日高七海さん、護あさなさん、佐野いずみさん、蒼波純さんも出演している。

 セーラー服姿でふんどしにゲタ、手にはチェーンソーという主人公が奇抜なら、改造死体にマッドサイエンティスト、整備好き女子と、主要な登場人物たちも個性的すぎる。強烈なキャラが次々と登場して一時も飽きさせない。特に今作でスパガ卒業後、単独初主演を果たした浅川さんは、鋭い目つきに荒々しいヤンキー口調、行儀の悪い立ち居振る舞い……とスケバン役を違和感なく披露。アイドル時代とはまた違う表情を見ることができる。

 チェーンソーをぶんぶん振り回すアクションも爽快で、血しぶきが舞い、生首が飛び交うスプラッター描写、クスッと笑えるギャグ……と、さまざまなエンタメ要素を楽しむことができる。(河鰭悠太郎/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る