横浜流星:「あな番」枠の主演ドラマで多面性ある役どころ 「つかめないところが魅力」

テレビ
連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に出演する横浜流星さん=読売テレビ提供

 2020年1月期放送の連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)で、女優の清野菜名さんとダブル主演する、俳優の横浜流星さん。横浜さんは、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、囲碁棋士の川田レン(清野さん)を操って世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”に仕立て上げる、“飼育員さん”でもある森島直輝を演じる。多面性のある役柄を演じる横浜さんに、本作への意気込みを聞いた。

 ドラマは、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダことレンと、レンを操る“飼育員さん”こと森島直輝の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)から依頼を受け、世の中のグレーな事件に白黒をつけるオリジナル作品。

 「僕自身も物事のシロクロをつけたいタイプ」という横浜さんは、台本を読んだ感想を「読んでいてスカッとしました。いろんな謎がちりばめられていて、先が気になります。プロデューサーからはキャストが演じているのを見て展開が変わっていくと聞いています。スタッフ、キャストみんなでゼロから作り上げていくことになるのが楽しみです」と話す。

 初共演となる清野さんについて「テレビなどで拝見して、明るい方という印象を持っていました。実際にお会いすると、空気感が穏やかな方でした。すごく動ける方なのでアクションシーンでどんな動きをされるのか楽しみだし、一緒にお芝居をするのも楽しみです」と期待する。

 本作で演じる直輝は「いろんな面を持っている男で、何を考えているのか、正義なのか悪なのかも分からなくて、つかめないところが魅力だと思います」といい、「普段は大学で精神医学を学んでいる気さくで優しい学生なんですけど、裏ではレンを操ってミスパンダにして、グレーな人にシロクロつけさせている。演じる上では直輝が何を考えているのかを掘り下げて、視聴者の方が『どういう人なんだろう?』と気になるような人物として作っていきたいです」と話す。

 また、役作りについて「直輝はメンタリストでもあって、人の感情を読み取ったりします。メンタリストの方や精神科医の方が話す動画を見たのですが、皆さん穏やかで話し方が優しいんです。そういう部分は役作りの参考になりました」と明かす。

 横浜さんはゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の連続ドラマで初主演。ドラマは、横浜さんも出演して話題になった「あなたの番です」と同枠で放送されるが、「こんなにも早く帰ってこられるとは思っていませんでした(笑い)。日曜ドラマは挑戦的な作品の印象があります。今回も、オリジナルですごく挑戦的な作品です。どうなっていくのかは自分たちにも分からないので、そこを楽しみながら、清野さんと一緒に楽しい空気感で撮影していけたらと思っています」と語る。

 視聴者に向けて「SNSでうわさが広がりやすい今の時代だからこそ作れる作品であり、共感していただけると思います。毎回放送が終わるごとにSNSで考察して、この作品を盛り上げていただけたら、うれしい限りです。清野さんのすごいアクションは、必見です。僕もアクションをやりたいという気持ちはありますが、今回は操る側なのでアクションがあるのかは、まだ分かりません(笑い)。その辺も楽しみにしていてください」とアピールしていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る