グランメゾン東京:“祥平”玉森裕太の合流に視聴者「待ってました!」 “丹後”尾上菊之助には…

連続ドラマ「グランメゾン東京」に出演している沢村一樹さん(左)と鈴木京香さん
1 / 1
連続ドラマ「グランメゾン東京」に出演している沢村一樹さん(左)と鈴木京香さん

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の第10話が12月22日に放送された。同話では、尾花夏樹(木村さん)から「グランメゾンに来い!」と誘われた平古祥平(玉森裕太さん)が、「グランメゾン東京」に加わる姿が描かれ、SNSでは「最高のチーム完成ですね!」「待ってました!」「ずっとじらされていた…ついに!」「多幸感」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得するも、アレルギー食材混入事件によって、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花が、女性シェフの早見倫子(鈴木京香さん)と出会い、かつての仲間たちと東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

 第10話では、自身が起こしたアレルギー食材混入事件の犯人であることを明かし、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛さん)の告発で「gaku」を去ることになった平古祥平が、尾花から「グランメゾンに来い!」と誘われる。しかし、祥平は店に迷惑がかかると拒否。やがて、祥平に「グランメゾン東京」に来てほしいと熱望していた京野陸太郎(沢村一樹さん)は、祥平にこん身の手料理を振る舞う。そして、自身の料理の実力のなさと、料理界から去ろうとする祥平の才能について力説し、踏みとどまらせる。倫子は祥平を仮採用をし、尾花と三つ星を獲得するための新メニューの開発を命じる。

 同じころ、祥平の行方を追っていたリンダは、アパートを引き払ったはずの祥平が実家に戻っていないことを知り、「グランメゾン東京」に乗り込む。店に祥平がいることを隠し通した尾花は、リンダに新メニューの試食を依頼する。祥平は、尾花に料理のアイデアを次々と提案し、みんなと力を合わせて「キジバトのドゥミ・アンクルート」を完成させる。数日後、リンダが来店し試食するが……という展開。祥平が「入りたいです。グランメゾン東京で尾花さんやみんなと料理を作りたいです!」と号泣しながら語る姿や、京野が尾花に「できたな、最高のチーム」と語りかけるシーンも話題を集めた。

 また、尾花のライバル、丹後学(尾上菊之助さん)が「gaku」のシェフを解雇される一幕も。視聴者からは「丹後シェフ、この後、どうするの?」「尾花! 丹後シェフにも『グランメゾンに来い』を!」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る