富田望生:中村倫也主演「美食探偵 明智五郎」で超お金持ち&大食いの桃子役 「好きな食べ物は桃」

4月スタートの連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」に出演する富田望生さん(左)と演じる桃子の原作ビジュアル 原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)(C)東村アキコ/集英社
1 / 5
4月スタートの連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」に出演する富田望生さん(左)と演じる桃子の原作ビジュアル 原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)(C)東村アキコ/集英社

 女優の富田望生さんが、4月にスタートする俳優の中村倫也さん主演の連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが2月25日、明らかになった。富田さんは、主人公・明智五郎(中村さん)の相棒・小林苺(小芝風花さん)の親友である桃子を演じる。桃子は、ピーチ不動産社長の一人娘で、家は超お金持ちというキャラクター。また、食べることが何より好きという大食いキャラで、おでんのイラストがプリントされた衣装をまとった桃子のビジュアルも公開された。

 富田さんは、2月25日に20歳の誕生日を迎え、今回が20歳になって初めてのGP帯連続ドラマへのレギュラー出演となる。演じる役柄について富田さんは「存在感があるような……ないような……(笑い)。いい意味でどちらにも当てはまるスピード感を持ち合わせた彼女を生きる時間は、さまざまなギャップを楽しみながら、新しい価値観を開拓している感覚です。苺のそばに生まれたからには、皆さんに面白がってもらえるよう、とことん真面目に走ろうと思います。お楽しみに!」と語っている。

 荻野哲弘プロデューサーは、桃子について「東村アキコさんの原作では、番外編『美食探偵助手 小林苺』に登場する」と説明し、「お金には困らないので働かず食べてばかりなのに、やたら洞察力の鋭い桃子のキャラクターに魅了され、ドラマでは毎回登場していただくことに。イメージキャストは最初から富田望生さんでした」と明かした。

 ドラマでは、「親友・苺の危機にはさっそうと登場するという、原作にはない役割も入れ込ませていただいています」と話し、「撮影初日から、かなりの量のパンケーキを食べてくださった富田さんの、体を張った食べっぷりと、食べ物のイラスト入りの衣裳を見事に着こなすチャーミングさにぜひご注目ください」とアピールしている。桃子の衣裳は、どれも食べ物が描かれているものになるという。

 ドラマは、「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などの東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。容姿端麗だが超変わり者の探偵・明智(中村さん)はおいしい料理をこよなく愛している。そんな明智が類いまれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。明智の相棒・小林苺役を小芝さん、明智と禁断の愛でひかれ合う連続殺人鬼“マグダラのマリア”役を小池栄子さん、“ちょっと残念”な警視庁のベテラン警部・上遠野役を北村有起哉さんが演じる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事