麒麟がくる:光秀の中に生まれた「初めての違和感」 “信長と石仏”の狙いは… 「比叡山」「本能寺」への布石?

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第28回のワンシーン (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第28回「新しき幕府」が10月18日に放送され、二条城築城の際に持ち込まれた石仏の頭を、信長(染谷将太さん)が何のちゅうちょもなくたたくシーンがあり、視聴者の関心を誘った。

 持ち込まれた石仏は二条城の石垣にされたとし、同回の最後では胴と首が切り離された石仏の無残な姿も映し出された。SNSでは「さすが神仏恐れぬ信長」「信長の闇の部分がw」「あー石仏ぺちぺちして、仏罰全く信じないノッブ怖い」「信長の仏嫌いが出てきた」「焼き討ちの布石ぃ!!」「比叡山のフラグキター」などと視聴者は反応。また、そんな信長の姿を目にした光秀(長谷川さん)の表情にも注目し、「仏像を壊すことを何とも思わない信長に違和感を持つ光秀」「信長に違和感マシマシの十兵衛」「宗教観の違いが、十兵衛が信長に対して抱いた最初の違和感なんですね」「こらから十兵衛の信長に対する違和感が着々と積み重なっていくんだろうなぁ」といった意見も数多く見られた。

 「麒麟がくる」の チーフ演出・大原拓さんは、「今までも描いてはいるのですが、信長のちょっと常識と離れている部分。そういったものが今後、確実に出てくる」と前置きし、「光秀がふと何気ないシーンの中で覚える違和感。こういったものが徐々に2人のズレになっていく、その第一歩となる伏線」と“信長と石仏”シーンを位置づける。

 さらに大原さんは、光秀と信長を「全てが一心同体なのかっていうと必ずしもそうじゃない」とした上で、「光秀が信心深いからとかいうわけでもなく、単純に一般的な感覚として“アレっ?”ってなる。今後の『比叡山焼き討ち』とかにもつながっていく部分を表現したかった」と説明。最後に「もちろん、『本能寺の変』への第一歩とか、実はそういう狙いもあります」と付け足した。

 第28回は、足利義昭(滝藤賢一さん)がついに上洛(じょうらく)を果たし、勢いに乗った織田軍は、周囲の三好勢を一掃。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝(向井理さん)暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎さん)の処分を巡り、織田側と三淵(谷原章介さん)ら奉公衆の意見が割れる。

 義昭は信長(染谷将太さん)の意見に従うといい、その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎さん)に任せることを認めてほしいという。光秀と藤孝(眞島秀和さん)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える……というストーリー。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る