鎌倉殿の13人:13人の中でも「異色の存在」 安達盛長役・野添義弘が意気込み

テレビ
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で安達盛長を演じる野添義弘さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で安達盛長を演じることが決まった野添義弘さんがコメントを発表。2004年の大河ドラマ「新選組!」などの三谷さんの作品に起用されてきた野添さんは、「三谷さんの作品はどの作品も斬新かつ繊細でそれぞれに違った面白さがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。今回、三谷さんが描かれる作品なので、老練で寡黙ながらも面白味のある、安達盛長を演じることができればと思います」と意気込んだ。

 安達盛長は源頼朝の従者で、天下取りを支えた「13人」の一人となる。野添さんは「安達盛長は(源)頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です」と語った。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る