犬飼貴丈:「ボス恋」で上白石萌音の片思いの幼なじみに 仮面ライダーとは違う一面も?

連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演する犬飼貴丈さん(右)と上白石萌音さん (C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演する犬飼貴丈さん(右)と上白石萌音さん (C)TBS

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」などで知られる俳優の犬飼貴丈さんが、女優の上白石萌音さん主演で1月12日にスタートする連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが7日、分かった。犬飼さんは、主人公の鈴木奈未(上白石さん)が思いを寄せる幼なじみ・日置健也(ひおき・けんや)を演じる。

 健也は、奈未と同じく熊本県出身だが、東京で公認会計士として働く洗練された“都会的”な男性。幼少期は、奈未の実家が営む鈴木書店で毎日のように立ち読みをしていたこともあり、奈未とは旧知の仲で、奈未はそんな健也にずっと片思いをしてきた。そして、社会人になった奈未が、健也を追いかけるように上京することから物語が始まる。

 ドラマの松本明子プロデューサーと編成の宮崎真佐子さんは、「今回、犬飼さんに演じていただくのは、主人公・奈未が長年片思いしている、幼なじみで好青年の役どころ。でも実は、奈未にも見えていなかった部分が彼には隠されていて……。主人公・奈未の恋愛観の鍵を握っています。犬飼さんには仮面ライダーで見せていたヒーローっぷりとはまた違う一面を引き出してもらっていますので、ぜひ注目していただきたいです!」と話している。

 犬飼さんは「このドラマは、上白石さん演じる奈未が新しい世界でいろいろな人、出来事に出会い成長していく話なのかなと思っています。新しいことだらけの中、幼なじみ、旧知の仲というポジションで奈未の精神的支柱にもなっている健也をどのようなキャラクターにしていくのか、監督と話し合いながら作っていければいいなと思っています。火曜日は一週間でいうと始めの方で、土日が待ち遠しく感じますが、土日ではなく火曜日の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の放送が待ち遠しいと感じていただけるように、日置健也というキャラクターが、がっちりと世界観にハマるように頑張りたいと思います。お楽しみに!!」とコメントを寄せた。

 ドラマはファッション雑誌編集部を舞台に、地方育ちの奈未が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。脚本は「恋はつづくよどこまでも」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」も担当した田辺茂範さんのオリジナルで、松本プロデューサーや演出の田中健太さんら「恋つづ」スタッフが再集結して制作する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る