青天を衝け:好発進の吉沢亮主演21年大河 “顔面偏差値”が話題 次回予告に岡田健史…その後も続々?

吉沢亮さん主演の2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」第1回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
吉沢亮さん主演の2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」第1回のワンシーン (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演の2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)が2月14日にスタートした。15分拡大版で放送された第1回「栄一、目覚める」の平均視聴率(世帯)は20.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。大河ドラマの初回視聴率が20%の大台に乗ったのは、2013年の「八重の桜」でマークした21.4%(同)以来、8年ぶりになるという。

 同回は、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)、栄一のいとこの喜作(高良健吾さん)と、徳川慶喜(草なぎ剛さん)との出会いが描かれ、爽快に地を駆ける吉沢さん、高良さんの姿にも視聴者の注目が集まった。

 またこの日は、慶喜の側近・平岡円四郎役で堤真一さん、栄一のいとこの尾高惇忠役で田辺誠一さん、老中・阿部正弘役で大谷亮平さん、栄一に影響を与える砲術家の高島秋帆役で玉木宏さんらも登場。SNSには「とりあえず顔面が美しい男性が勢ぞろい」「全体的に顔面偏差値の高すぎる」「全体的に顔面レベル高すぎて、ある意味迫力のある絵面」「とりあえず顔面偏差値が異常に高いドラマであることには間違いない」などの感想が書き込まれた。

 また、栄一の子供時代を演じた小林優仁君、慶喜の少年期を演じた笠松基生さんに対しても、「子役の顔面偏差値高すぎん?」「子役の顔面レベルが軒並み高い」「子役の顔面レベルが高いと思ったら、本役の顔面レベルが非常に高いので、そりゃそうよな」といった声が上がっていた。

 第1回の本編後に流れた第2回「栄一、踊る」(2月21日放送)の予告には、栄一のいとこの尾高平九郎を演じる岡田健史さんの姿も映し出されていたが、今後も福井藩士・橋本左内役で小池徹平さん、福井藩主・松平慶永役で要潤さん、江戸幕府第14代将軍・徳川家茂役で磯村勇斗さん、“最後の水戸藩主”徳川昭武役で板垣李光人さん、薩摩藩士・五代才助(友厚)役でディーン・フジオカさん、新選組副長の土方歳三役で町田啓太さんらが出演。幕末を彩る予定だ。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る