青天を衝け:「こんばんは、徳川家康です」再び! 「初回だけじゃなかった」「毎週やるのね」…流行語に?

大河ドラマ「青天を衝け」で徳川家康を演じる北大路欣也さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」で徳川家康を演じる北大路欣也さん (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演の2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第2回「栄一、踊る」が2月21日に放送され、第1回「栄一、目覚める」(2月14日放送)に続き、冒頭に北大路欣也さん演じる徳川家康が登場。「こんばんは、徳川家康です」とのお決まり(?)のあいさつでファンを喜ばせた。

 今回も北大路“家康”が本編に入る前に「日本の歴史」を語る……という展開で、SNSでは「また今週も『こんばんは、徳川家康です』からwww」「こんばんは、徳川家康です。キタァーーーー!!」「初回だけじゃなかった家康さまのナビゲート」「家康先生の日本史講義」「毎週やるのねこれw」「『こんばんは、徳川家康です』流行語にならんかなwww」と盛り上がりを見せた。

 第2回は、父・市郎右衛門(小林薫さん)から藍の商いを、いとこの新五郎(田辺誠一さん)から読書を習い始めた栄一(吉沢さん、子供時代は小林優仁君)。一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだったが、大人の事情で祭りは中止になってしまう。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。

 一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(草なぎ剛さん、子供時代は笠松基生さん)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉幾三さん)から実子のように可愛がられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人さん)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソンさん)が日本にやってくることになり……という展開だった。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る