青天を衝け:死に際の“鳥の鳴き声と羽ばたき” 円四郎の「この世の気がかり」をドラマ的に表現

「青天を衝け」第16回の一場面(C)NHK
1 / 12
「青天を衝け」第16回の一場面(C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第16回「恩人暗殺」が5月30日に放送。同回は、主人公・渋沢栄一(篤太夫、吉沢さん)の恩人の一橋家家臣・平岡円四郎(堤真一さん)が、過激な攘夷(じょうい)思想の水戸藩士によって暗殺されてしまう……という悲劇で幕を閉じた。暗殺シーンで印象的だったのは、円四郎が事切れるとき、一瞬、鳥の鳴き声と羽ばたく音が入ったこと。同回の担当演出・村橋直樹さんに、その“意図”とはなんだったのか、話を聞いた。

 平岡円四郎は、一橋慶喜(後の十五代将軍・徳川慶喜)に仕え、渋沢栄一を一橋家の家臣に推挙した人物。今回の「青天を衝け」では、ふがいないながらも、妻・やす(木村佳乃さん)と幸せな日々を送っていたところ、縁あって慶喜(草なぎ剛さん)の小姓に。その後、慶喜からの信頼を厚くし、家老並にまで昇進。慶喜を、“良き相談相手”としても支える姿が印象的だった。

 村橋さんは「堤さんとも話したのですが、円四郎は人生最高のときに死んだ……というふうに描きたくて。暗殺される前の慶喜とのやり取りで、円四郎が『(一生)どこまでもお供つかまつります』というと、慶喜からは満面の笑みが返ってきた。円四郎は、すごく満たされていたと思います。そんな中で死ぬことは円四郎さんにとっては予期せぬ出来事で、明るい未来しかなかったのにそれが突然途切れてしまった」と語る。

 「やすや慶喜のことをもっと見たかっただろうし、栄一にも何か残したかったでしょうが、お別れもなく去っていかなければならない。ドラマ的に何か、円四郎の“この世の気がかり”みたいなものを表現したいと考えました」という。

 そこで、描かれたのが鳥の羽ばたきと鳴き声。やすが住む円四郎の江戸の邸宅には、鳥の掛け軸が飾っており、同回では、円四郎がやすへの言づてとして、篤太夫に「おかしろくもねえときは、掛け軸の小鳥にでも話しかけろ」と伝えていた。いわば、鳥は円四郎とやすをつなぐ存在でもあった。やり残したことがまだあるのに、この世から羽ばたいていってしまわなければならない。円四郎の“思い”の形が、鳥のシーンにつながったようだ。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る