青天を衝け:まるで切腹? 水戸藩士・菊池平八郎の断髪が「もはやコント」 視聴者の笑い誘う

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第23回に登場した水戸藩士・菊池平八郎(町田悠宇さん)の“断髪”シーン (C)NHK
1 / 6
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第23回に登場した水戸藩士・菊池平八郎(町田悠宇さん)の“断髪”シーン (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第23回「篤太夫と最後の将軍」が7月18日に放送され、ヨーロッパへと渡った篤太夫(吉沢さん)らが髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服姿に変身した。

 髷を落とすることを喜々として受け入れた篤太夫に対して、水戸藩士・菊池平八郎(町田悠宇さん)は、自ら刀を手にし、“辞世の句”とともに断髪。その姿がまるで切腹のようだったため、SNSでは「それ、髪じゃなくて腹切るときやwww」「断髪でそこまで大げさなw」「いや、ハラキリじゃねぇんだからさ」「もはやコント」「コント水戸藩」「待ってwwwこんなに面白い断髪式あるかwwww」と視聴者の笑いを誘った。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

 ドラマは東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた休止期間に入り、次回第24回は8月15日放送を予定している。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る