#家族募集します:共感の声も…子育て&仕事に孤軍奮闘する“礼”木村文乃 “めいく”岸井ゆきへのハグも話題に

連続ドラマ「#家族募集します」に出演する女優の木村文乃さん(右)(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「#家族募集します」に出演する女優の木村文乃さん(右)(C)TBS

 8月13日にいよいよ第3話が放送されるTBSの金曜ドラマ「#家族募集します」(金曜午後10時)。シングルファーザー&マザーたちがひとつ屋根の下で子育てをする新しい“家族のカタチ”を描く作品で、SNSでは「人に言えない悩みをまるっと包み込んでくれるドラマ」という声も上がっている。ドラマを手がける佐久間晃嗣プロデューサーの、シングルマザーの友人の実体験から企画されたという今作。その友人をモデルにして生まれたのが、木村文乃さん演じる礼だという。礼を中心にこれまでの物語を振り返ってみたい。

 ◇誰にも頼らず一人で子育て

 ドラマは、「山田太郎ものがたり」や「カンナさーん!」などを手掛けた俳優で脚本家のマギーさんのオリジナル作。木村さん演じるちょっと堅物な小学校教師のシングルマザーの桃田礼をはじめ、3カ月前に妻を亡くしシングルファーザーになったばかりの赤城俊平(重岡大毅さん)、俊平の幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀さん)、夢を追い続ける子持ちシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきのさん)という、性格も価値観もバラバラな大人4人、子供3人が一つ屋根の下で暮らす姿を描く。

 5歳の娘・雫(宮崎莉里沙ちゃん)を女手一つで育てる礼。シングルであることを言い訳にしたくないという思いが強く、親にも誰にも頼らず自分一人で子育てを完璧にこなすと決めており、「極力人を頼りたくないので」と話したこともあった。腹が立ったときには、6秒間、怒りがおさまるのを待つ“アンガーマネージメント”を実践している。

 第1話では、ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介が、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうととっぴな提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないとあきれる俊平だが、その夜、蒼介の携帯に礼から電話があり……。

 終盤では、「子どもと二人っきりでいると、自分の気持ちを話せないままずっと過ごしていることに気づきます。誰かに話せたら気持ちの整理もつくのにって」と俊平と蒼介に話した礼。俊平が「妻がいた頃は家でいろいろな話をしました。小さな悩み事とか、ちょっとした笑い話とか。なんでもないキャッチボール楽しかったな~」と話したことで、俊平と蒼介がキャッチボールをすることに。

 俊平は、まだ母親が亡くなったことを知らない息子・陽(佐藤遙灯君)から「ママはどこに行ったの?」と聞かれたときのことを振り返り、「それまでで一番お粗末な、子供だましのうそついた」と告白。涙をこぼしながらも、笑おうとする俊平に、「お前は頑張っている!」と涙ながらに伝える蒼介や、2人のやりとりを聞いて涙をぬぐう礼の姿が映し出され、SNSでは「ボロ泣きした」と話題を集めた。

 ◇“めいく”岸井ゆきのを抱きしめる場面も話題に

 蒼介がSNSに投稿した「#家族募集」を見て、「にじや」にシングルマザーのめいくと息子の大地(三浦綺羅さん)が転がり込んでくることになった第2話。シンガー・ソングライターを目指しているというめいくは、大地を「にじや」に残し、突然姿を消してしまう。

 めいくに対する不信感が募るばかりの蒼介に対し、礼が「どこの母親も、一度くらいは一瞬でいいから子育てから離れたい、逃げたいって思うことあると思います。子どもを見てくれる人がいるならなおさら」と伝えるシーンも。蒼介から「先生もそう思うことが?」と聞かれた礼は、「全くないと言ったらうそになります。でもそんなこと絶対にしない。しないというかできない」と回答していた。

 そんな中、めいくが「にじや」に戻ってくると、礼はそっとめいくを抱きしめ、「お帰りなさい」と伝える展開で、SNSでは「礼が帰ってきためいくを抱きしめるシーンに胸がグッとなりました」「礼先生の『お帰りなさい』に泣けた」「抱きしめる礼さん、いろんな思い込めてのハグだよね」などのコメントが並んだ。

 ほかにも、「礼さん、世のママの気持ちを代弁してくれてありがとう。多かれ少なかれみんな葛藤を抱えながら子育てしてるよね」「育児、子育てには正解がないから楽しいが悩むし泣きたくもなる」「子育てから解放されたいと思う時だってあるけど、しないんじゃなくてできない。心に響いたねえ」といった共感の声も上がっていた。

 ドラマが放送される前に行われたオンライン制作発表で、「今、いろいろ大変な状況で家族と一緒にいられなかったり事情があって、一人で頑張ってる方たくさんいらっしゃると思う」と話した木村さん。「私たちはその方々の味方で、全力で背中を押して、温かい『お帰り』『ただいま』をきちんとお届けしたい。『一人じゃないんだ』ということを感じとっていただけたらうれしいなと思います」と続けていたが、その思いは視聴者に届いているのではないだろうか。

 第3話では、妻・みどり(山本美月さん)が亡くなったという事実を、陽に伝えることができず、思い悩む俊平の姿が描かれる。「第3話絶対泣く」といった声もすでに上がるなど注目が高まっている。あと1週間、放送を楽しみに待ちたい。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画