注目ドラマ紹介:「東京放置食堂」 片桐はいりが連ドラ初主演 人情味あふれる“島ドラマ”

女優の片桐はいりさんが主演を務める連続ドラマ「東京放置食堂」第1話のワンシーン(C)「東京放置食堂」製作委員会
1 / 6
女優の片桐はいりさんが主演を務める連続ドラマ「東京放置食堂」第1話のワンシーン(C)「東京放置食堂」製作委員会

 女優の片桐はいりさん主演の連続ドラマ「東京放置食堂」(テレビ東京、水曜深夜)が9月15日1時10分に始まる。東京・大島を舞台に、豊かな人間模様や魅力的なグルメ満載の人情味あふれる“島ドラマ”。片桐さんは連続ドラマ初主演だ。

 片桐さん演じる主人公の真野日出子は、曲がったことが大嫌い。裁判官として多くの被告人を裁き、更生させてきたが、仕事に疲れて退官した。「究極の現実逃避」の最中に訪れた大島で、居酒屋「風待屋」を営む若い店主と島名物のくさやを通し、第2の人生の扉を開く様を描く。島のおいしい料理も紹介する。

 「風待屋」店主の小宮山渚役で工藤綾乃さん、島民役で与座よしあきさん、松川尚瑠輝さん、梅垣義明さんも出演する。

 第1話は……人を裁くことに疲れて東京を出た元裁判官の真野日出子(片桐さん)がやって来たのは120キロ南の太平洋にある大島。島で生まれ育った小宮山渚(工藤さん)と出会った日出子は、ひょんなことから、渚が祖父から受け継いだ居酒屋「風待屋」を手伝うことになり……。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る