青天を衝け:栄一、明治新政府でやっちまう 衝撃の“勘違い”に「コントwww」「まさかのオチwww」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第28回の一場面 (C)NHK
1 / 4
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第28回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」が9月26日に放送された。同回のラストでは、明治新政府に出仕した篤太夫改め栄一(吉沢さん)はその初日、政府首脳陣が集まる会議場を大蔵省だと勘違い。三条実美(金井勇太さん)や岩倉具視(山内圭哉さん)、大久保利通(石丸幹二さん)らを前に堂々と批判を繰り広げるも、伊藤博文(山崎育三郎さん)の「大蔵省はここじゃない」の一言で我に返り、土下座するという、まるでコントのような展開とオチで視聴者の爆笑を誘った。

 第28回では、新政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫は、直接断るため東京へ向かう。篤太夫は、伊藤博文の案内で大隈重信(大倉孝二さん)を訪ね、早速辞任を申し出るが、大隈は“なぜ今、新政府に君が必要なのか”と立て続けに話し、篤太夫は完全に言い負かされる。一方、慶喜(草なぎ剛さん)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は、「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す……。

 栄一は明治新政府が置かれた皇城内で、大隈が会議に参加している姿を見て、そこが大蔵省だと勘違いしてしまったという。慌てる伊藤によって栄一は会議場から連れ出されると、SNSでは「えええええええええええ」「場所間違えたんかーーいwww」「ここは大蔵省じゃないぞwwww」「栄一、やっちまったなww」と視聴者は反応。さらには「完全に場所勘違いしてけんか売りに行っちまう栄一www」「岩倉も大久保もドン引きやん」「なんだこのコントwww」「まさかのオチwww」と盛り上がりを見せた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る