カップヌードル:「水野真紀の魔法のレストラン」とコラボで新作開発 一流シェフ6人が協力

料理バラエティー番組「水野真紀の魔法のレストラン」MCの水野真紀さん=MBS提供
1 / 2
料理バラエティー番組「水野真紀の魔法のレストラン」MCの水野真紀さん=MBS提供

 女優の水野真紀さんがMCを務める料理バラエティー番組「水野真紀の魔法のレストラン」(MBS、水曜午後7時)。10月6日の放送では、番組と日清食品の間で約1年前から秘密裏に進行してきた、共同プロジェクトが明かされる。一流シェフ6人が協力し、2種類の新作「カップヌードル」を開発する。

 番組では昨年、2021年に発売50周年を迎えた「カップヌードル」を特集。その際、日清の担当者に、水野さんが「どうですか? 記念事業とかで、20周年のうちの番組とコラボレーションを……」と提案。その後、日清の社長からOKが出て、コラボレーションが決定した。

 2種類のうち、ひとつは、番組ゆかりのミシュラン三つ星シェフ、「菊乃井」村田吉弘さん、「祇園さゝ木」佐々木浩さん、「柏屋」松尾英明さんの3人に協力を要請。3人による「魔法の九つ星カップヌードル」プロジェクトが始まった。日清との協議の結果、味のベースは村田さん考案の「関西風すき焼きヌードル」に決まった。

 さらに、もうひとつの開発のため「神戸北野ホテル」総料理長の山口浩さん、「中国菜エスサワダ」澤田州平さん、「イル ルォーゴ ディ タケウチ」竹内啓二さんという、フレンチ・中華・イタリアンをそれぞれ代表する一流シェフ3人にも協力を要請。「謎の新味」に挑む。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る