じゃない方の夜~恋は突然、生まれない。~:「じゃない方の彼女」オリジナルストーリー第4話 工藤美桜&水石亜飛夢が“キラメイ共演”

連続ドラマ「じゃない方の彼女」のオリジナルストーリー「じゃない方の夜~恋は突然、生まれない。~」第4話のワンシーン (C)「じゃない方の彼女」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「じゃない方の彼女」のオリジナルストーリー「じゃない方の夜~恋は突然、生まれない。~」第4話のワンシーン (C)「じゃない方の彼女」製作委員会

 俳優の濱田岳さんが主演を務める連続ドラマ「じゃない方の彼女」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)のオリジナルストーリー「じゃない方の夜~恋は突然、生まれない。~」(Paravi)第4話の配信が、11月1日に始まった。

 不倫を愉しむバツ3男の片桐(山崎樹範さん)とイケメンバーテンダー正太郎(水石亜飛夢さん)は、恋多きモデルのルイ(工藤美桜さん)を巡り、恋の攻防を繰り広げていた。ルイの心を手に入れるため、片桐は奥の手を使い、一気に正太郎を追い詰める。正太郎も、片桐には絶対まねできない方法で応戦するが……。水石さんと工藤さんは特撮ドラマ「魔進戦隊キラメイジャー」でそれぞれ押切時雨/キラメイブルー役、大治小夜/キラメイピンク役で共演している。

 「じゃない方の彼女」は、秋元康さんが企画・原作を手がけるオリジナル。特別目立つことはないが、平凡なりに幸せな人生を歩んでいた大学の准教授・雅也(濱田さん)が、小悪魔的な魅力を持つ大学生・怜子(山下美月さん)と道ならぬ“恋の沼”に落ちていく不倫コメディー。

 「じゃない方の夜~恋は突然、生まれない。~」は、山崎さん演じる不倫を楽しむバツ3の大学講師・片桐修一が主人公。妻がいるにもかかわらず、恋を求め、すてきな女性との出会いを待つ片桐の前に、清楚派女子、恋多きモデルなどすてきな女性たちが偶然現れ、イケメンバーテンダーを巻き込んでの恋模様が繰り広げられる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る