安達祐実:「カムカムエヴリバディ」で25年ぶり朝ドラ “三代目ヒロイン”川栄李奈憧れの女優役

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん
1 / 1
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する安達祐実さん

 女優の安達祐実さんが、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演することが11月4日、明らかになった。約25年ぶりの朝ドラで、川栄さん扮(ふん)する三代目ヒロイン・ひなたが憧れる女優の美咲すみれを演じる。

 演じるすみれは、かつて、桃山剣之介(尾上菊之助さん)のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは、機嫌が悪い。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい……という役どころだ。

 安達さんは「25年ぶりに、朝ドラに出演させていただくことになりました。とてもうれしく思っています。当時は子供だった私が、大人になり、またこうして朝ドラの世界に役として生きられることを、なんだか不思議で感慨深く感じております。今回は女優という役どころを演じさせていただきます。ひなたちゃんとどのように関わっていくのか、今から楽しみにしております」とコメントを寄せた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 この日は「京都編」のキャストとして、安達さんのほか、本郷奏多さん、三浦透子さん、新川優愛さん、青木柚さん、おいでやす小田さん、平埜生成さん、徳永ゆうきさん、新津ちせさん、松原智恵子さん、松重豊さんの出演も発表された。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る