カムカムエヴリバディ:“三代目ヒロイン”川栄李奈の幼少期で新津ちせが出演 昨年の「エール」に続く朝ドラ

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった新津ちせさん
1 / 1
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演が決まった新津ちせさん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、元「Foorin」で子役の新津ちせさんが出演することが11月4日、明らかになった。川栄さん扮(ふん)する三代目ヒロイン・ひなたの幼少期を演じる。

 新津さんは、「連続テレビ小説が大好きで、昨年『エール』に出演させていただき、またご縁があれば……と心から願っていましたので、オーディションでひなた役に決まったときは本当にうれしかったです!」と喜びのコメント。さらに「ひなたは、まさに『名は体を表す』という言葉がぴったりの、明るくて友達思いの女の子です。ちょっぴり飽きっぽいひなたが、どんなふうに成長していくのか、どうか見守っていてください!」と語った。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 この日は「京都編」のキャストとして、新津さんのほか、安達祐実さん、本郷奏多さん、三浦透子さん、新川優愛さん、青木柚さん、おいでやす小田さん、平埜生成さん、徳永ゆうきさん、新津ちせさん、松原智恵子さん、松重豊さんの出演も発表された。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る