鎌倉殿の13人:小池栄子“政子” 悩みの尽きない頼朝に寄り添い、支えていく のちに尼将軍として君臨!

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で小池栄子さん演じる北条政子 (C)NHK
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で小池栄子さん演じる北条政子 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)が1月9日にスタートする。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作。2005年の「義経」以来、17年ぶりに大河ドラマ出演を果たす小池栄子さんが、今作では北条政子に扮(ふん)する。

 小池栄子“政子”について、ドラマの公式ツイッターは、「突然現れた都出身の源頼朝に一目ぼれ。悩みの尽きない頼朝に寄り添い、弟・義時とともに献身的に支えていく。のちに尼将軍として君臨」と紹介。

 小池さんは昨年の出演発表の際、「女として、母として、強く、愛に生きた政子は、『一途(いちず)』という言葉がぴったりな最高にカッコイイ女性だと思います」と印象を明かし、「1年半、政子を誰よりも愛し、政子と心中する気持ちで演じさせていただきたいと思います。『猛女』とよく例えられますが、そうではない、それだけではない魅力的な政子として視聴者の皆様の記憶に残れるよう気合を入れて頑張りたいですね!」と意気込んでいた。

 1月9日放送の第1回は15分拡大版で、副題は「大いなる小競り合い」。1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗さん)が兄・宗時(片岡愛之助さん)、姉・政子(小池さん)らとのんびり暮らしていた。しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣さん)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之さん)は激怒する。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令が下り……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る