ちむどんどん:黒島結菜「ガラッと変わります」と予告 舞台は東京&横浜鶴見へ 

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜さん (C)NHK(C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜さん (C)NHK(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)。5月16日放送の第26回から、物語の舞台は沖縄を離れ、東京、そして横浜市鶴見へと移る。ヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)役の黒島さんは、「魅力的なキャラクターがたくさん登場しますので、ぜひ楽しみにしていてください。場所の雰囲気も、全体に沖縄とはガラッと変わります」と予告した。

 また「原田美枝子さん、片岡鶴太郎さんや高嶋政伸さんをはじめ、新たなキャストの
皆さんがステキな方たちばかりで、ご一緒できることを幸せに感じています」と明かし、「新たな場所で、新たな人たちと出会い、暢子がどう成長していくのか、見守っていただけるとうれしいです。引き続き、応援をよろしくお願いします!」と視聴者に呼びかけた。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロインと、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事