ちむどんどん:歌子の“決意”に視聴者エール「とにかく幸せに」 「智は忘れて」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第64回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第64回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第64回が7月7日に放送され、ヒロイン一家の三女・歌子(上白石萌歌さん)に注目が集まった。

 第64回では、智(前田公輝さん)がやんばるに帰省。思いを寄せる智との久々の再会に喜ぶ歌子は、野菜の仕入れのためにやんばるの農家を回る智に付いていく。しかし、智が、母・優子(仲間由紀恵さん)に、姉・暢子(黒島さん)との結婚を認めてほしいと申し入れする姿を見てしまい、目を潤ませる。

 その後、歌子が一人でいるところ、比嘉家に、亡き父・賢三(大森南朋さん)に歌を教えていたという上原照賢(大工哲弘さん)が訪ねてくる。歌子は、照賢の話から、賢三がかつて民謡歌手を目指していたことを知り驚く。

 そして、照賢が、賢三を偲(しの)ぶように三線(さんしん)で弾き語る民謡「月ぬ美しゃ」に耳を傾ける歌子。脳裏には、賢三の「幸せになれよ」という遺言、恩師の下地先生(片桐はいりさん)から別れの際に贈られた「あなたは歌い続ける……」という言葉が浮かぶ。そして、歌うことが好きで、一度は歌手を目指すも病弱な体のせいで挫折した歌子は、父と同じ民謡歌手になることを決意して……と展開した。

 SNSでは「智くん、少しは歌子ちゃんの気持ちを考えてほしい」「きょうはまた歌子がかわいそうな回だった……智、歌子じゃダメ?」「智は忘れて、民謡歌手の道へ進むんだ!」「歌子ちゃんはとにかく幸せに」「歌子頑張れー!」と歌子へのエールの声が続々と上がっていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画