鎌倉殿の13人:「ただ実衣を愛していただけの男」のやるせない死 全成の最期「一番泣いた」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第30回場面カット 新納慎也さん演じる阿野全成 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第30回場面カット 新納慎也さん演じる阿野全成 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、新納慎也さん演じる阿野全成の壮絶な最期が描かれ、視聴者から「やりきれない」「今までで一番泣いた」といった声が次々と上がった。

 第30回では、源頼家(金子大地さん)に対して呪詛(じゅそ)を行った疑いにより、詮議を受ける全成。比企能員(佐藤二朗さん)はその背後に北条家の暗躍があると確信し、対決姿勢をさらに強める。そのころ北条家では、夫・全成が巻き込まれて激怒した実衣(宮澤エマさん)が、父・時政(坂東彌十郎さん)を追及。名乗り出ようとする時政だが、りく(宮沢りえさん)に止められる。

 義時(小栗さん)は北条家を守るために一案を講じ、畠山重忠(中川大志さん)らの助力を得て、頼家の元へ全成の助命を願う申し状を届ける。結果、全成は流罪となり、首をはねられることなく、八田知家(市原隼人さん)が治める常陸国へと送られる。

 しかし、頼家から所領を他の御家人に分け与えるように言われ、怒りが収まらない能員は、頼家を排除しようと、全成の元を訪れ「実衣殿の身が危うい」と吹き込み、呪詛の道具を手渡す。能員の口車に乗ってしまった全成の行いが発覚すると、能員は我が身可愛さに「これはもはや謀反」と頼家に訴え、頼家もまた、全成を死罪と処すことを決める。

 全成は死の直前、ひたすら呪文を唱え、“その力”によって、激しい雨風と雷を起こすが、知家の手により命を落とし……。全成の悲劇的な死に対して、SNSは「本当に悔しい。やりきれない」「悲しい、つらい、やりきれない……」「数々の悲劇の中で全成退場が一番泣いたかも」「このドラマで一番泣いた」「今までで一番泣いたし、今日もまた泣いている」「今までいっぱい『鎌倉殿の13人』で泣いたけど、一番泣いた」といった感想であふれた。

 死の直前、自分から流れる赤い血を見て、「実衣~」と妻の名前を叫んだ全成。ドラマの公式ツイッターでは全成役の新納さんの音声コメントが公開され、「斬られて流れた自分の血の赤い色を見たとき、ずっと実衣ちゃんに『君は赤が似合うね』と言ってきたので、赤という色で実衣を思い出したんですよね、あの瞬間に」と明かし、「とにかくあの瞬間は実衣のもとに帰りたい、実衣に会いたいという一心で、実衣への思いだけで最後の力を振り絞って、というシーンでした」と振り返る。

 「全成登場から全体を通してですけど、おそらくこの『鎌倉殿の13人』においての阿野全成さんは兄である頼朝さんの力になるために鎌倉に来て、できる限り、自分のできる範囲で力になろうとは思うけど、そんなにむちゃくちゃなこともしない。これは僕の考えですが、全成は実衣と出会ってしまったことで、自分のできる範囲でもちろん頼朝さんのお手伝いはするけれど、基本は実衣とこの鎌倉で一生、穏やかに暮らしていきたかっただけの人になったんじゃないかなと思います」と持論を披露。「今、最期のシーンを撮って、この『鎌倉殿の13人』で僕が演じた阿野全成は、ただ実衣を愛していただけの男、みたいな感じですね」と語った。

テレビ 最新記事