MEGUMI:「人生の事業計画書」を毎年作成 経営者としての苦労を告白 「マツコ会議」で

8月13日放送の「マツコ会議」に出演するMEGUMIさん(右)とマツコ・デラックスさん=日本テレビ提供
1 / 1
8月13日放送の「マツコ会議」に出演するMEGUMIさん(右)とマツコ・デラックスさん=日本テレビ提供

 女優のMEGUMIさんが、8月13日放送のバラエティー番組「マツコ会議」(日本テレビ系、土曜午後11時)に出演。「人生の事業計画書」を毎年作成し、経営者の顔も持つMEGUMIさんに迫る。

 「イエローキャブ軍団」としてグラビア黄金期に活躍したMEGUMIさん。現在では女優業からバラエティーまで幅を広げ、「自ら能動的に生きたい」と経営者の道にも進んだ。最初に始めた子供服のセレクトショップは失敗に終わったが、次に始めた石川・金沢でのパンケーキカフェ経営が成功。金沢を代表する観光地「ひがし茶屋街」のエリアに店を構えた。

 しかし、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている地域である上に、当時は県外から店を出す人が初めてだった。ある理由から地元の人々に大激怒されたと明かし「言うても(自分は)タレントだし、という甘い考えが完全にへし折られました」と、オープンまでの苦労を語る。

 そんなMEGUMIさんは「私たち(芸能界)ってスーパー受け身の仕事じゃないですか」といい、何事にも自分から率先して動き続けることが大切だと話す。それを象徴するのが、毎年作成する「人生の事業計画書」で、5年後、10年後の理想の姿や、年間目標と課題、月ごとのタスクなどを細かく記載し、マネジャーと共有するという。一部を見たマツコ・デラックスさんは「すごい具体的ね!」と感嘆し、「アタシに一番欠けてたことかも」と自分を見つめ直す。

テレビ 最新記事